ホーム > 先輩看護師メッセージ > プリセプター&プリセプティ

プリセプター&プリセプティ

プリセプティ

一般病棟 看護師 白田

先輩から指導を受けて、勉強になった事や感じたことは?

プリセプターから看護技術や処置の手順について、実施する際の留意点を日々教えていただいています。座学で学んだこと以外にも、その人に合った手技で実施する大切さ 「患者様一人ひとりに合った個別性のある看護の実践」を実感しました。
受け持ち患者様が生活していく上での観察ポイントのアドバイスや、疾患・状態に合わせての変化していく着眼点など、1人の患者様を看護師としてどうとらえ、患者様にとっての「最適」を常に考え、実践していくことが大切だと感じました。

将来はどのような看護師になりたいですか?

患者様が安心して過ごせるように、安全・安楽を第一に考え、状況に合わせた個別性のある看護が出来る看護師になりたいです。

プリセプター

一般病棟 看護師 大井

新人の指導で気をつけた事や感じた事を教えて下さい

私が関わりを持つうえで大切にしている事は「挨拶」と「話しかけやすい雰囲気」です。それが信頼関係の構築に欠かせないことだと思っております。
自分の指導・評価がプリセプティのモデルとなってしまう事を常に意識し、「看護師としての未来に夢が持てるような関わり方」をしていきたいと思っております。

先輩から見て、プリセプティ白田さんはどのように成長されましたか?

毎日の業務の中で、ひとつひとつのケア通して技術的にも、精神的にも少しずつ自身が付き、信頼して任せられる仕事も徐々に多くなってきました。
半面、本人は看護師としての責任の重さも実感している事と思います。
自身の理想や目標に向かい、自分の力を信じて歩んでいける看護師になってほしいと思います。

先輩看護師メッセージ

応募・資料請求

このページのトップへ