ホーム > 先輩看護師メッセージ > 先輩看護師

先輩看護師

病棟看護師として

一般病棟 看護師 萩原大輔

新人看護師として働き始めた時、採血で震えていた手は今でも忘れられません。専門職としての自覚を持ち、「患者様に安全・安心のケアを一日も早く提供できるようになりたい。」と常に思っておりました。看護師として6年が経ち、入院から退院まで一貫してかかわりが持てる病棟看護師を常に希望しております。患者様とのコミュニケーションを通し様々な学びの中、看護師として、また、人として少しは成長出来たと自負しております。

その中で常に意識しているのは、患者様に関わる時の笑顔です。ある時、「病院に来る人は体が弱っていて不安になっている。だけどあなたみたいに笑顔で接してくれると不安が和らぐね。」と言われ、心に強く響きました。自分の笑顔が患者様の心の支えになる。患者様のための、元気のための笑顔、自分は本当にそんな笑顔を見せられていたのだろうか?看護師は、療養上の世話、診療の介助が仕事ですが、「人の心の支えになれる存在」こんな素晴らしい事が出来るんだ。それ以来、患者様と接する時は常に心の支えとなれるように「寄り添う看護」を心がけております。

今まで沢山の患者様と出会い、看護する中で「ありがとう」の言葉を頂くたびに看護師になって良かったと思います。これからも患者様の支えになれるよう技術面・精神面・と人間性の向上に努めていきたいと考えています。

仕事と家庭
どちらも大事

一般病棟 看護師 箱守雪

前職場を結婚を機に退職し、3年のブランクを経て、育児をしながらも学習できる環境のある現病院に再就職しました。

現在は内科・整形外科・外科が主体の一般病棟で勤務しています。整形外科や外科では、手術患者様の対応で慌ただしく一日が過ぎていくこともあります。入職して間もない頃は、今までと違う環境で緊張と不安の毎日でしたが、プリセプターをはじめ病棟の先輩方の丁寧な指導を受けられ、分からないままになることがなく確実に覚えることが出来ています。チーム医療を提供するため、医師・理学療法士・ソーシャルワーカーと協力しながら、患者様の病状回復・社会復帰・ADLの拡大に向けての援助を行っておりますが、少しでも患者様が良い方向に向かえるよう先輩方のように幅広い視野を持ち、安全・安心な看護を提供出来るよう日々学習し頑張っていきたいと思っております。

また、私は1児の母です。病院には託児所が併設してあり、そちらに子供を預け安心して仕事が出来ます。院内にはそうした、働くママが沢山おられるのも励みになっております。子供の急な病気などで急なお休みを頂くことがありますが、皆さんに温かく接していただいています。

当院は、長く働き続けられる環境作りに力を入れているという事で、短時間正職員制度や夜勤免除、曜日指定休み、時間外免除など様々な働き方が出来るような仕組みになっています。幼い子供を抱えて仕事をするのは実際大変なことも多いのですが、病院全体のサポート体制が充実している為、仕事と家庭の両立が出来、充実した毎日を送っております。

経験のない科でも大丈夫

外来 看護師 仙波貴代子

私は今まで産婦人科でしか働いた経験がなく、当院に転職の際は正直不安で一杯でした。内科外来では予診を上手くとることが出来ず、アセスメント力に自信がありませんでした。しかし、院内勉強会、グループワークなど教育体制が充実しており多くの知識を得ることが出来ます。また、プリセプターの優しく丁寧なご指導を受け、技術面・知識面でのサポートを受け、毎日楽しく学びながら働いております。

「外来は病院の顔」患者様に「この病院に来てよかった。」と思っていただけるようこれからも、日々勉強を重ね、患者様により良い看護を提供していきたいと思っております。

先輩看護師メッセージ

応募・資料請求

このページのトップへ